自分たちを表現すること

結婚式や記念日など、贈り物をする機会には印象に残るものを贈りたいと思う人が少なくありません。そこで登場したのが名前入りのギフトで、特に選ばれているのがプチギフトと呼ばれるものです。お菓子や日用品などが多く、ひとつが数百円程度のものが選ばれています。特に多く利用されているのが結婚式で、二人の名前や写真を入れたプチギフトを結婚式や2次会で配る人が増えています。

一昔前の結婚式では引き出物に名前を入れたものですが、最近は入れなくなってしまいました。理由はカタログギフトなどを利用する人が多いこともありますし、実際に使うときには名前が入っていない方が使いやすいという現実があります。引き出物は自分たちを表現する場でもあったわけですが、それが出来にくくなってしまったのです。

そこで注目されたのがプチギフトです。プチギフトとして使用されるものは食品や日用品などの消えて無くなるものが多いため、貰ってもそれほど困りません。躊躇無く自分たちを表現できるのがプチギフトというわけです。

プチギフトは結婚式や披露宴で配られることもありますし、二次会などで利用されることも少なくありません。また、会社の記念行事やお店の開店記念などに利用されるケースもあります。名前などの文字だけでなく絵や写真を入れることも可能です。

専門店も登場しており、様々な商品の中から選ぶことが出来るので、自分好みのプチギフトを贈ることが出来るでしょう。